名医が見つかる医療・健康情報サイト - ホスQ 犬用サプリメント わんわん漢方 | サイトマップ | お気に入りに追加する
サイト内検索

HOME > 医療・健康コラム > ドクトル阿部の生涯健康塾 > 間歇性跛行―その原因と対策について


第24回 間歇性跛行―その原因と対策について
散歩しているときに、ふくらはぎを中心にしびれが強くなり、足全体が痛み、脱力のため足が前に出なくなる。数分間休むと再び歩行が可能になるが、新たに歩き続けると同様の症状が出て、再び休止を余儀なくされる。これは間歇性跛行といって、文字どおり一定の時間をおいて歩行が困難になる状態を指します。

この間歇性跛行には、三つの主要なタイプがあります。昔から良く知られているのは、下肢の動脈の閉塞性疾患で、バージャー病や動脈硬化による血管閉塞(閉塞性動脈硬化症)など、運動負荷による下肢の虚血が原因で起こります。

第二のタイプとして、脊髄性間歇性跛行が挙げられます。これは、脊髄の動静脈奇形などで見られ、歩行中に下肢のしびれ感とともに下肢がつったようになり、足が前に出にくくなります。

第三のタイプは、馬尾性間歇性跛行と呼ばれるもので、腰椎を通る馬尾状の神経の圧迫により生じます。姿勢の変化や運動時に馬尾から枝分かれした神経の根本の圧迫によっても起こります。この原因としては、腰部脊髄管狭窄症が挙げられます。歩行中、あるいは長時間の立位の持続により下肢のしびれが一側から他側へ、下肢から太腿へ、またはその逆へと移動進展するのが特徴です。やはり休息安静により症状は消失します。

バージャー病は、原因不明の病気ですが、自己免疫異常が密接に関連していると考えられます。初発年齢は20〜40歳で男性に多く、ほとんどが喫煙者です。しかし、糖尿病を合併している例はまれと言えます。バージャー病では、四肢の小動脈、特に膝窩動脈以下に多発性の閉塞が起こり、間歇性跛行からついには趾、足脊、足底の虚血性の潰瘍を生じます。

これに対し、閉塞性動脈硬化症は、血管の内膜にアテロームが沈着して狭窄を来たし、そこに血栓を形成して閉塞を起こします。閉塞は腹部大動脈分岐部、腸骨動脈、大腿動脈によく見られますが、膝窩動脈以下の末梢動脈は閉塞を免れることが多いのです。初発年齢は45歳以上で、男性に多いのですが、女性にも見られます。また40%以上に糖尿病の合併が見られます。バージャー病と同様の虚血症状が見られますが、趾の阻血症状は軽度のことが多く、間歇性跛行はしばしば臀部や大腿部に見られます。虚血性潰瘍や壊死を来たすことはまれであります。このバージャー病と閉塞性動脈硬化症に対する治療と対策は、まず、禁煙、全身の保湿(魚釣りや海水浴の禁止)、長座・長時間起立の禁止です。靴は太めで底が厚く堅いものが勧められます。女性ではハイヒールは禁物です。経口薬としては、抗血小板薬、血管拡張薬、ワーフアリなどが使用され、注射療法としてプロスタグランディンE1が用いられます。内科療法や歩行練習でも増悪する場合には外科治療が試みられます。

脊髄の神経が原因の場合には神経に効果のあるビタミンB12の服用や体に合ったコルセットを装用してやや前傾姿勢を保つ方法、さらに週一回程度の神経ブロックを行えば症状は改善されます。

これらの保存的治療を三〜六ヶ月続けても改善しなければ、整形外科的に脊柱管を広げて神経の圧迫を取り除く手術に踏み切る場合もあります。

今日では、MRIなどの画像診断とドプラー血流計で足の甲の血流や血圧を測定できるので、鑑別診断は容易です。

東京都 - 杉並区
千葉県 - 鎌ヶ谷市
東京都 - 世田谷区
東京都 - 八王子市
東京都 - 世田谷区
東京都 - 千代田区
東京都 - 羽村市
東京都 - 世田谷区
熊本県 - 熊本市

同社はブランドに構築することにより、  New
持続可能な開発へのブランド、  New
カジュアルな運動靴は、  New
重力の高い中心部に一般的に非常に脆弱共同プラットフォームシューズが変更されます。  New
それはファッショナブルであっても野生の気持ちを推測することができ、  New
ブリティッシュガスは、  New
ホイットニーポーター最も一般的で最も古典的で最も古典的な黒と白のブローグのような黒と白の黒のブローグ、  New
ファッション解像度:平野ウールのコートやスカーフ、  New
塸en0?????n0?????????00  New
過剰な栄養分につながる可能性が低い。  New

美露仙寿(メイルセンジュ)
(株)国際友好交易 メイルセンジュ

Copyright (C) 2006-2008 lntention Co.,Ltd. All Rights Reserved. 企画・運営 株式会社 インテンション